保育日記
鶴見園
2020.03.30

ハピネスルーチェ②

第二部の主役は、
つき・そら・たいよう組です!

緊張していた子どもたちは友だちと一緒に深呼吸をして
緊張をほぐしている様子も見られました。



オープニングは先生たちによる
パントマイム式パネルシアター!!
子どもたちと一緒に楽しみました!



プログラムNo,1
つき・そら・たいよう組合同による、
普段の英語カリキュラムで歌っている、
「Rock scissors paper」を手遊びしながら英語で歌いました。

いつも練習している発音で元気いっぱいに歌を唄い、
かっこいい子どもたちでした。



プログラムNo,2
つき組 歌・合奏「ぼくのミックスジュース」
友だちにつられないように一生懸命にリズムを感じ合わせながら
合奏を頑張っていました。



プログラムNo,3 
そら組 歌・合奏「ドロップスのうた」
舞台に上がる姿、あがって立っている姿勢が
とても綺麗でみんなの見本でした!
合奏が始まると、自分の楽器、リズムを楽しんでいました。



プログラムNo,4
 たいよう組 劇「12ひきのねこ」
一人一人かわいいねこに変身!
劇中は、台詞も大きな声で元気いっぱい!!
表情も台詞によって変えていました。



プログラムNo,5 
そら組 劇「てぶくろ」
首元には可愛いマフラーを身につけ劇中では、
みんなでギュ~っと集まるシーンが印象的でした。



プログラムNo,6
つき組 劇「えだまめとそらまめとメダカのこ」
会場からは「かわいい~!!」っという声が!
一生懸命に覚えた台詞もばっちり!
会場中に癒しと笑顔を分けてくれました。



プログラムNo,7
たいよう組 合奏「ドレミのうた」
       うた「ありがとうの花」
毎日、「合奏がやりたい!」ととても意欲的な子どもたちでした。

本番は緊張しながらも素敵な演奏を披露。
うたでは心を込めて唄っている姿が伝わり、
感動を与えてくれました。

今年も素敵なハピネスルーチェをありがとう!

● ● 子どもと共に笑い 子どもと共に感じ 子どもと共に成長する ● ● 
ルーチェ保育園http://www.luce-nursery.com