保育日記
南砂園
2020.03.03

作品展

2/15(土)
子どもたちが製作した一年分の作品を見ていただく
作品展を開催しました。

1階では、全クラスの作品が春夏秋冬の季節の流れと共に、
ご覧いただける展示となっています。



作品や製作帳を見ながら、
「これはね!」と作ったときの様子を伝えたり、
「どこに自分の作品があるかな?」と
探したりしていました。

季節によって様々な装飾がほどこされ、
いつもとは異なる保育室に
子どもたちも見入っているようでした。



2階では、調理や看護師による展示がありました。
調理コーナーでは、
一年間の食育の様子や人気レシピを展示しました。



看護コーナーでは、たいよう組の子どもたちと
世界の歯ブラシについてまとめた展示となっていました。

木の歯ブラシを使う国もあり、
子どもたちだけでなく、保護者の方も驚いていました。



共同製作の展示では、今年度のテーマ‟世界“にちなみ、
はらぺこあおむしを題材にしました。

てんし・ほし・にじの乳児クラスは、
スポンジやローラーを使いあおむしを作りました。



つき・そら・たいようの幼児クラスは、
切り紙や吹き絵など様々な技法を用いて
ちょうちょを作りました。



デザインカリキュラムの講師、NOBU先生による
大人気のワークショップも開催されました。



今年は民族衣装を着た‟おきあがりこぼし“を製作しました。
親子で熱中して作り、素敵な民族衣装をまとった
おきあがりこぼしが出来上がっていました。



子どもたちが製作した作品の数々は年度末にお渡しします。
大切に保管して頂けましたら幸いです。



● ● 子どもと共に笑い 子どもと共に感じ 子どもと共に成長する ● ● 
ルーチェ保育園http://www.luce-nursery.com