保育日記
南砂園
2020.09.01

8月19日(水) ポップコーン

夏が旬の野菜、とうもろこし。
今回はとうもろこしからポップコーンができる過程を知ってもらうために、
おやつの時間に子どもたちの前でポップコーンを作りました。

ポップコーンがポンポン出来上がる様子はとてもおもしろいものです。
「とうもろこしの黄色いつぶつぶは全部でどの位あるでしょう?」
とクイズを出してみると、
たいよう組さんが元気に手を挙げて、「500!」「1000!」と、
それぞれの答えを出してくれました。
正解は、500~600位で、粒はひげと同じ数だけあるそうです。

火をつけてしばらくすると、
「とうもろこしのにおいがするー!」と興味津々。
『ポン!ポンッポン!!』
ポップコーンのはじける音が聞こえてくると嬉しそうな子どもたち。

「よーく聞いてごらん、どんな音がする?」
と園長先生が問いかけると、
子どもたちは静かに耳をすませ集中していました。

出来上がって蓋を開けると、
白いふわふわなポップコーン!

「白いお花みたいな形をしているよ」と、
楽しみながら食べていました。

見た目や匂い、音で楽しめるポップコーン!
ご家庭でもぜひお試しください。